news 

令和4年12月16~令和5年2月15日
世界遺産日光東照宮
公式行事「のぼり旗」に選抜頂きました。

2メートルの大きな幟旗に私の作品が一面に印刷され、名前、作品名、日光東照宮の紋が入った幟旗が、同境内に「平和の旗印として掲げられます。」

日光東照宮幟旗「芸術清祓」
主催 日光東照宮/一社藝文協会
後援 栃木県、日光市、日光市教育委員会、日光市観光協会、読売新聞宇都宮支局、共同通信社宇都宮支局、産経新聞社宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、朝日新聞宇都宮支局、東京新聞、株式会社とちぎテレビ、(株)栃木放送、東武鉄道、

徳川家康公御生誕四八〇年記念「日光東照宮美術展覧会<芸術の虎>

つまみ細工アート幾何学®
作品名 日本の美
F15

会期 2022年11月5日(土)~9日(水)
会場 日光東照宮客殿/客殿回廊
主催 日光東照宮/一社藝文協会
後援 栃木県、日光市、日光市教育委員会、日光市観光協会、読売新聞宇都宮支局、共同通信社宇都宮支局、産経新聞社宇都宮支局、毎日新聞宇都宮支局、朝日新聞宇都宮支局、東京新聞、株式会社とちぎテレビ、(株)栃木放送、東武鉄道、
協力 タイ赤十字
運営 株式会社フィネス

世界遺産 日光東照宮様から推薦を頂きました。素晴らしい展覧会に出展が決まりました。
・康寧作家之証を日光東照宮より授与
・掲載誌bun-ten79號発行 陳列先:全国大型書店、国公立図書館、都内区立図書館、地方図書館、美術館、美術(造形)大学内図書館、在外公館など
・併設展:日光東照宮徳川家康公生誕480年御神酒展「未来(みき)の力」展
・併設イベント:みんなで繋ぐ平和の「寅」徳川家康公の干支である「寅」にちなみ、会場に設置される「寅」の一文字がデザインされた紙面に色鮮やかな折り紙を貼り付け完成させるイベントです。参加型イベント。
・子供作品展示:子供作品による「平和への祈り」展。

mar inamoro

沖縄日本返還50周年、戦争と平和を考えるオリジナル切手展in沖縄
つまみ細工アート幾何学®日本の四季
F15

会期 2022年1月28日(金)~1月30日(日)
会場 沖縄県立博物館・美術館(おきみゅー)県民ギャラリー展示室2
主催 株式会社アートクロス

美術作品をオリジナルアート切手に制作し、沖縄が本土に返還され50周年を迎える2022年に戦争と平和を考える事を目的とした切手展を開催。また首里城焼失で美術作品が300点以上被害を受け今もなお修繕に向け活動。作品の出展を通じ「首里城基金」に寄付。

mari inamoto

第5回 美術評論とともに観る美術展~観る・読む・感じる
つまみ細工アート幾何学®日本の心
F10

会期 2021年10月20日(水)~10月24日(日)
会場 奈良市美術館
(奈良県奈良市二条大路南一丁目3番1号 ミ・ナーラ5階)
主催 株式会社アートクロス
後援 日・米・蘭 芸術アカデミー協会
監修 評論文執筆
佃 堅輔(美術評論家 法政大学名誉教授)、中野 中(美術評論家)、長谷川 栄(美術評論家 東京国立博物館名誉会員)、ポール ・フロート(美術評論家 オランダ・アムステルダム在住)、スーザン・エレイ(美術評論家 アメリカ在住)、五百崎 智子(美術評論家 芸術家 フランス・パリ在住)、ジャン・ミッシェル(美術評論家 芸術家 フランス・パリ在住)

日本を代表する先鋭芸術家の「作品」と評論家が執筆する「技術評論分プレート」が同時展示される新機軸の美術展。第5回を迎える本展では、日本・アメリカ・オランダ・フランスを代表する7名の著名評論家が先行を行い「作品を観る」+「評論を読む」ことにより鑑賞者が「より深く感じる」美術展を本展では初めての奈良県で開催。

mari inamoto

MINERVA2021 Kyoto to London
つまみ細工アート幾何学®日本の四季
F15

~国内展~
会期 2021年6月2日(水)~6月6日(日)
会場 京都市美術館別館
主催 ミネルヴァ実行委員会 
運営 株式会社クオリアート
協力 英国王立美術家協会(RBA) 

~海外展~
会期 2021年8月
会場 マル・ギャラリーズ
主催 ミネルヴァ実行委員会 
運営 株式会社クオリアート
協力 英国王立美術家協会(RBA)

RBA)英国王立美術家協会名誉会員に認定。<世界に誇るイギリス王立の協会>
認定証には、王室最高位エリザベス女王の英国国章(紋章)
~英国王立美術家協会~
1823年に設立され1887年にイギリスロイヤル(王立)新しい芸術家団体として認定された団体。当時、会長を務めたのはジェームズ・マクニール・ホイッスラー氏で現会長はミック・デイヴィス氏。会員にはヘンリー・ムーアを代表とする署名な芸術家が所属。名誉会員にはクロードモネやアルフレッド・スティーブンスが所属している。

MINERVA美術書(全国書店ネット販売)
<収蔵先>
・アテネ国立考古学博物館、アムステルダム国立美術館、エルミタージュ美術館、オランジュリー美術館、オルセー美術館、カルティエ財団現代美術館、韓国国立古宮博物館、クイーンズ・ギャラリー、クエリーニ・スタンパリア美術館、クレラー=ミュラー美術館、コートールド美術館、国立国会図書館、国立ソフィア王妃芸術センター、ドレスデン国立美術館、南京博物院、バーンズ財団美術館、パリ市立近代美術館、フランス国王ギメ東洋美術館、ペギー・グッゲンハイム・コレクション、ペルガモン博物館、ボストン美術館、マルモッタン・モネ美術館、メトロポリタン美術館、ユネスコ本部、ライデン国立民族学博物館、ローマ国立(テルメ)博物館、英国王立美術家協会RBA,マル・ギャラリーズ

mari inamoto

第29回 国際平和美術展
つまみ細工アート幾何学®日本の和
F10

<国内展>
会期 2021年7月6日(火)~7月10日(土)
会場 東京芸術劇場
(東京都豊島区西池袋1-8-1)
主催 I・P・A実行委員会
後援 外務省・広島市、長崎市
   公益社団法人ユネスコ協会連盟
運営 株式会社クオリアート

<海外展>
会期 2021年9月16日(木)~9月19日(日)
会場 カーネギーホール
(レスニックエデュケーションウイング内
 ギャラリー、アメリカ・ニューヨーク)

mari inamoto

第26回 日本の美術 全国選抜作家展
つまみ細工アート幾何学®日本の心
F10

会期 2021年2月11日(木・祝)~2月15日(月)
会場 上野の森美術館
(東京都台東区上野公園1-2)
主催 日本の美術選展実行委員会
運営 株式会社クオリアート

「日本の美術」は1995年以来、国内外の署名な美術評論家、アートディーラー、コレクター他、多くの芸術文化関係者のご支援により斬新な評価体制のもと開かれた作家展。会期中延べ7,000人以上の動員を記録。(審査員)桂由美氏、勅使河原純氏、山本豊津氏、柴山哲治氏、宮津大輔氏、一般社団法人アートのある暮らし協会

作品のポストカードを1枚100円で販売。売上金を(公社)日本ユネスコ協会連盟を通じ、発展途上国に行う教育支援活動や、その他の慈善団体へ寄付。